HOME > 本・DVDのページ > 『三帖和讃』講讃(上)

『三帖和讃』講讃(上)


 書  名

『三帖和讃』講讃(上)


 発  行  白馬社

 価  格  2520円 (送料350円)

平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241


 案  内

親鸞聖人の深い感動をうたった『三帖和讃』を学ぶためにこれ以上はない、最強のテキストが登場! 著者の18年にわたる渾身の講義を単行本化した、親鸞教徒必携の一冊。
上巻は「浄土和讃」「高僧和讃」を収録。
下巻は「正像末和讃」を収録。
ページ数:    303ページ
商品の寸法: A5版

 

 著者/編者 増井悟朗 著



(本文より)

p18〜p19
sanjo.wasan.ue.nakami.jpg(183163 byte)

第1章 巻頭(冠頭)和讃 2首

1 大意
第1首は、信を勧められたもの(勧信)。第2首は、疑いをいましめられたもの(誡疑)で、 この2首で「三帖和讃」全体の主旨を要約されたものである。

2 本文の解釈
1 弥陀の名号となへつつ
 信心まことにうるひとは
 憶念の心つねにして
 仏恩報ずるおもひあり

(句解)
・弥陀の名号ー南無阿弥陀仏のこと。「弥陀」とは阿弥陀如来。すなわち無量寿・無量光の意味。 南無阿弥陀仏の南無とは帰命の意味。本来はわれわれが阿弥陀仏に帰命することをいうが、 今は私に与え、私を呼んで下さる仏名のこと。なぜなら「わが名を称えるものを仏にせずにはおかぬ」 という本願によって作りあげて下さったものだから、これを仏名という。 だから、その本願の心が私に受けとられてきて南無―帰命の心として回向される。 そうさせずにおかぬという阿弥陀仏のお心が、私をして念仏申さんと思いたつ心となり、 さらに仏を慕うお念仏の声となって下さる。このように南無阿弥陀仏の「南無」と「阿弥陀仏」 とは私と仏にとって、共に切り離せない一体の関係にある。それで南無阿弥陀仏を仏名という。 仏が私を呼ぶ声であると共に、私が仏を慕う声となってくださるものだからである。
・となえつつ―3行目の「憶念の心…」以下にかかる。
・信心まことにうるひとは―これを第1行目に持って行くと、意味がはっきりする。 信心とは、まことの心。私にはなくて、仏よりの回向(いただきもの)の心。 これを南無阿弥陀仏の南無の心という。他力回向の心 ―阿弥陀仏のお救いを信じずにおれなくさせられた心。
・憶念の心―仏の本願の尊さを思わせられる心。

〈意味〉
阿弥陀如来が「わが名を称えるものを仏にすることができねば、 われも仏にはならない」と念一つを選び取って下さった。このご本願のまことを、 疑いなく聞信させられた人は、必ずお念仏せずにはおれなくなる。 そのお念仏するままが、常に本願の尊さを思わせられると共に、 仏恩の広大なることを感謝せずにおれなくさせていただくのである。

2 誓願不思議をうたがひて
 御名を称する往生は
 宮殿のうちに五百歳
 むなしくすぐとぞときたまふ

(句解)
・誓顧不思態―「誓願」とは、阿弥陀仏が因位の修行のとき、 衆生の救いとご自分の成仏とをかけものにして下さったこと。 すなわち、私の成仏を願い、それが達成されぬときは、ご自分も成仏しないと誓われたこと、 本願とも弘誓ともいう。「不思議」とは、それを私が考えたり議論したり出来ぬほどの尊いことをいう。 この誓願不思議の最後の切りふだ、表現が南無阿弥陀仏の名号。
・宮殿―『大経』〈75〉では、釈尊が、弥陀の浄土に化生と胎生の者のあることを示され、 弥陀の仏智を疑い、罪福を信じて念仏する者が胎生するところをいう・・・・・・  

 



目 次


はじめに
浄土和讃・・・・・・・・・p17
第1章・巻頭(冠頭)和讃 2首
第2章・讃阿弥陀仏偈和讃 48首
第3章・浄土和讃(三経讃)
第4章・諸経和讃 9首
第5章・現世利益和讃 15首
第6章・勢至和讃 8首

高僧和讃・・・・・・・・・p151
第1章・龍樹和讃 10首
第2章・天親和讃 10首
第3章・曇鸞和讃 34首
第4章・道綽和讃  7首
第5章・善導和讃 26首
第6章・源信和讃 10首
第7章・源空和讃 20首
第8章・総結讃 -2首と八聖列名-
参考文献



関連情報

「増井悟朗師の法話音声」


増井悟朗師の法話音声をYoutubeでお聞きになれます。
クリックして再生してください。

法話名「人生の目的」
「念仏の中の生活という蓮如さまの教化」
「聞法には獲信という糸の結び目が必要」
について説いています。


法話名「仏の願い」
「なぜ生れてきたのか、どうしても死なねばならないが
死んだらどうなるのか、という自分への執着」
「枝葉の問題解決ではなく、苦悩の根本を解決する仏の願い」
について説いています。


 





→この本をネットから注文する  
 

平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241







関連書籍・新刊


仏敵
伊藤康善


後生の一大事
(増補新版)
 
増井悟朗 


三帖和讃(上) 
増井悟朗 


三帖和讃(下) 
増井悟朗 

 
  
  

突然、皆の沈黙を破った坊さんが軽く手を挙げて、すみの方に寝ている・・・ 』
つづきはこちら

『サブタイトル〜蓮如上人の御教化〜 表題のほか、『決定のこころ』『蓮如上人の教化の根源』『五重の義と信心往生』・・・ 』 
つづきはこちら
 

『親鸞聖人の深い感動をうたった『三帖和讃』を学ぶためにこれ以上はない、最強のテキストが登場!著者の18年にわたる・・・ 』
つづきはこちら 

『大好評の上巻(「浄土和讃」「高僧和讃」)に続き、待望の下巻(正像末和讃)が、ついに完成・・・ 』
つづきはこちら 

 
    






仏教詩歌集 
伊藤康善 


悟 痰 録 
伊藤康善  


善き知識を求めて 
伊藤康善 


化生の世界 

『たいていの者ならば、ここまで進むと愛想をつかして、腹を立てて二度と来ない・・・ 』 
つづきはこちら

『一ツトセ
必定地獄と聞きながら うぬぼれ心にだまされて落つるこの機と・・・』

つづきはこちら

『戦争に電撃戦あり、長期戦ある如く、求道に頓機あり又漸機あり、・・・ 』 
つづきはこちら

『アフリカの砂漠で、千古の沈黙を守るスフィンクスは、われわれに謎の質問を・・・ 』
つづきはこちら




立ち読み・試聴ページ


親指のふし
増井悟朗


こどもの聖典

増井悟朗  


なむあみだぶつのこころ

(DVD)
増井悟朗  

じょうどへのあゆみ
(DVD)
増井悟朗  

『では、私が先に申しました、「生きた人の葬式」とは、どんなことか・・・』
つづきはこちら

『ひとりの旅人が、西に向かって歩きつづけていました。だれ一人いない広々とした・・・』
つづきはこちら

「お念仏ってなに?お葬式のためのもの?」といった、初めての方にもわかりやすく・・・ 
→★試聴ページはこちら

 増井悟朗師が自らの求道と伝道の歩みをふりかえります。悟朗師の・・・
試聴ページはこちら




念仏の雄叫び

増井悟朗 


求道の急所

華光会 編  

冥加について

増井悟朗  


仏教のめざすもの
(DVD)
増井悟朗 他



 

『信心決定病  いつか私は、信心決定病という言葉を使ったことがあります。これは・・・』
つづきはこちら

『真宗の求道の急所の一つは、「後生の一大事」とふみ出すことである・・・』
つづきはこちら

 

『いのちがあるから、眠くなったり、しんどくなったり、また元気になったりする。体だけ・・・』
つづきはこちら 

増井悟朗氏らの法話、また質疑応答を通して、浄土真宗のお話を分かりやすく・・・
つづきはこちら

 


 

 


立ち読み・試聴ページ


無碍道

増井悟朗・西光義敞


ほとけさまのプレゼント
(DVD)
増井裕子 イラスト・声
 

育ち合う人間関係

西光義敞 


わが信心わが仏道

西光義敞

『妙好人生産事業 その鈴木大拙さんが、晩年に及んで浄土真宗の妙好人・・・』
つづきはこちら
 ほとけさまのプレゼント、それはお念仏の教えです。 浄土真宗の入門編・・・
→★試聴ページはこちら
 
真宗からカウンセリングへ。カウンセリングから真宗への深い提言。特に、実践に裏付けられた・・・
つづきはこちらら
 
『決定的だったのは、在家のお婆さんが伊藤康善先生にちらっと言われたという言葉でした・・・』
つづきはこちら



仏教とカウンセリング

(入門 真宗カウンセリング2)
西光義敞 



知恩・感恩・報恩

増井 信 



凡夫が仏になる

増井 信 



師に握拳なし

増井 信 
札幌での「西光先生を囲む研修会」の記録第2集です・・・
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第二弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第三弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第四弾!
つづきはこちら



法に遇う

増井 悟朗


全徳施名の心

増井 信
増井悟朗師小冊子
つづきはこちら
増井信師小冊子
つづきはこちら




平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241



→本をネットから注文する