◎講習会(講義と参拝)のご案内  


3月12日(土)~13日(日)は、第47回「講習会」です。
今年は「聖徳太子と親鸞聖人」と題して、昨年ご往生1400年、今年はご生誕1450年の節 目を迎えられた、聖徳太子様を尋ねます。
初日は、太子の生涯とお言葉を尋ねる講義。 2日目は観光バスで、太子ゆかりの法隆寺、太子の御廟(墓所)で、親鸞聖人の御旧跡 でもある磯長御廟・叡福寺を参拝いたします。仏教美術の専門家の先生にご案内いただ きます。
どちらか1日だけの参加も大歓迎です。
定員がありますので、ご案内を参照の上、お早めにお申し出下さい。
★案内はこちら
初日の講義はZoom配信もございます。
バスの定員は(40名程度)になり次第締め切りといたします。参拝をご希望の方はお早めにお申し出ください。


 

  

◎電子書販売籍開始のご案内

  

 電子書籍「華光文庫」が Amazon kindle で販売開始いたしました。
現在本としては完売している小冊子シリーズ (華光誌載の誌上法話をまとめたもの)を電子書籍で読むことができます。今後も1,2か月に一冊の割合で定期的に発行される予定です。
リンク先のAmazonサイトからぜひご購入ください!

★Amazon購入サイトはこちら

※外部サイト販売となりますので購入方法等、華光会にお問い合わせされても対応できません。



 

  

◎Zoom配信のご案内  


 聖典講座や法話を会員(同人会員・誌友・同人紹介者含む)向けに、Zoomでライブ配信しております。 詳細は、同人会ML(メーリングリスト)でお知らせしております。MLへのご入会も合わせてお勧めいたします(同人会員のみ・無料)。又は、華光会館までお尋ねくださ い。


   


 

   



 

☆新刊案内

botan.gif(173 byte) 聖教のこころ 『経教は鏡』
増井 信 著


botan.gif(173 byte) 『閉目開目』(華光誌巻頭言集)  
西光 義敞 著





命の行き先(後生の一大事)を明らかにしませんか?どんなに力強い心の支えがあっても、もし今晩死ぬとなったら、お金も学問も健康も 何の支えにもなりません。「その死んでゆく先(後生の一大事)はどうか?」を説いているのが浄土真宗です。 華光会は華光誌(華光会の機関紙)の 創刊=昭和16年から現在まで70年間以上、一貫して「後生の一大事」を説いています。




ページトップ

ページトップ

ページトップ

更新情報 

法話「光に遇う」(悟朗師)アップ

●750回大遠忌ページをアップ



 750回大遠忌ページ
・主要行事の案内
・50年前の700回大遠忌時の写真など

・華光会スタッフblog 


浄土真宗 華光会

浄土真宗華光会

華光会館:〒601-8433

京都市南区西九条東柳の内町22

電話:075-691-5241

FAX:075-661-6398

リンク

ez-HTML


華光会スタッフblog


※リンク先サイト様の内容に関してのご質問、お問い合せはそのリンク先サイト管理者様へ直接お願い致します。