☆御礼と御案内
  


  ◎ 「華光大会」御礼と「念仏と黙想と語らい」ご案内



 11月3日~5日の3日間の華光大会は、伊藤康善先生五十回忌法要、増井悟朗先生三回忌法要を併修し、お念仏の渦の中で、深い余韻を残し終わりました。お世話の皆様、ご参加の皆様、ありがとうございました。
 11月、12月も多彩な法話会や各地での支部法座ございます。本部の宿泊法座は、12月23日(土)~24日(日) の「念仏と黙想と語らいの集い」です。新しい法座を、参加の皆さまと創造してまいります。どうぞ奮ってお参りください。

 

  《年始のメール対応について》



1月1日(祝)~6日(土)の間、事務局業務を休止させていただきます。
報恩講の申込、書籍等の注文は、出来る限り年内にお済ませください。
また事務所休止中に頂いたメールは1月7日(日)に必ず返信させていただきます。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

事務局

  ◎行事日程の変更について



第76回総会のときにお渡しした資料に記載された日取りから、以下の法座の日程が変更されました。
ご確認ください。

《変更後》

第42回講習会
平成30年2月17日(土)~18日(日)

第16回真宗法座の集い
平成30年5月26日(土)~27日(日)

   

☆近日の要申込みの法座


第四回念仏と黙想と語らいの集い
12月23日(祝)午後1:30~24日(日)午後12:00
(華光会館=京都市南区)

親鸞聖人 報恩講
1月13日(土)午後1:30~14日(日)午後4:30
(華光会館=京都市南区)

申し込みフォーム



☆書籍・DVD案内

botan.gif(173 byte) 新刊 「非僧非俗のこころ」
増井 信 増井悟朗 伊藤康善 著


botan.gif(173 byte) 「全徳施名の心」増井 信 著




命の行き先(後生の一大事)を明らかにしませんか?どんなに力強い心の支えがあっても、もし今晩死ぬとなったら、お金も学問も健康も 何の支えにもなりません。「その死んでゆく先(後生の一大事)はどうか?」を説いているのが浄土真宗です。 華光会は華光誌(華光会の機関紙)の 創刊=昭和16年から現在まで70年間以上、一貫して「後生の一大事」を説いています。




ページトップ

ページトップ

ページトップ

更新情報 

法話「光に遇う」(悟朗師)アップ

・携帯電話から法座案内が
 見られるページをアップ
 →携帯用の法座案内ページ


●750回大遠忌ページをアップ



 750回大遠忌ページ
・主要行事の案内
・50年前の700回大遠忌時の写真など

・華光会スタッフblog 


浄土真宗 華光会

浄土真宗華光会

華光会館:〒601-8433

京都市南区西九条東柳の内町22

電話:075-691-5241

FAX:075-661-6398

リンク

ez-HTML


華光会スタッフblog


※リンク先サイト様の内容に関してのご質問、お問い合せはそのリンク先サイト管理者様へ直接お願い致します。