HOME > 本・DVDのページ >法に遇う―遇い難き教えに遇う―

  法に遇う―遇い難き教えに遇う―

 

 書  名

法話「いま、仏さまの願いを聞く」シリーズ VOL.5

『法に遇う―遇い難き教えに遇う―』


 発  行  華光会

 価  格  350円 (送料90円)

平日の9:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241


 案  内

増井 悟朗先生の法話「法に遇う」を収録。

 この小冊子のテーマは「いま、仏さまの願いを聞く」である。私が、あなたが、”いま・ここで”聞くのである。仏さまの願いが具現化した南無阿弥陀仏に遇うのである、いま、ここで。
 (創刊号「発刊にあたって」より)

 ※この機会に、是非、ご味読ください。お勧めいたします。
 また、法事等の施本にもご活用ください。まとめてご購入される場合、割引の特典がございます。詳しくは、華光会館までお問合せください。

ページ数:    32 ページ
商品の寸法:  21x 14.8 x 0.2 cm

 tion_kannon_houon.jpg(40861 byte)

 著者/編者 増井 悟朗 著



(本文より)



 噫、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。遇(たまたま)行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。

   
「教行信証・総序」

    法とは何か
    「仏に遇う」というと、聖道門のようだ。真宗は、「法に遇う」というべきだ、と言った人がいます。
 真宗は、やはり聴聞の宗教だからでしょうか。しかし、「仏」に対して、「法」というと抽象的で、漠然としていると思いませんか。
 では、「法」とは何か。ここでの法とは、教えと同じ意味で、「教法」とも熟語します。
 だから、「法に遇う」とは、「本願に遇う」ということ。その本願をつづめると、南無阿弥陀仏のお名号となる。名号法とも申しますね。
 本願がもとで出来上がったお名号だから、「法に遇う」とは、南無阿弥陀仏に遇うということであります。
 親鸞聖人はこのところを、
 遇(たまたま)行信を獲ば、遠く宿縁を慶べ。(総序)
 とおっしゃっている。行信の、その行とは、仏になる力、信とは、それを自分にいただくこと。この行と信が、完全無欠に備わったのが、南無阿弥陀仏であります。
 正法時代は、釈尊(仏)を拝むことができたが、末法の現代は、仏に値うことは不可能です。そこで、法に遇わせていただく。
 その意味で、法の究極である南無阿弥陀仏に遇うというのは、また末法の世の仏に値わせてもらうことだともいえます。
 名号は、十劫の昔よりこの私を呼び続けてくださった、阿弥陀仏のお呼び声なのですから…。


 



目 次(小見出し)


法に遇う

はじめに     …p1
法とは何か    …p6
あうという漢字   …p7
礼讃文から味わう …p10
大無量寿経の四難 …p11
値仏の難     …p12
聞法の有り難さ  …p14
遠き宿縁     …p15
極難の信     …p17
遇法と宿善    …p19
五正行について  …p21
三つの雑修    …p22
自分が殺される  …p23
声をあげて泣く  …p25
助かるつもりの大前提…p26
仏さまからの一方通行…p27






→この本をネットから注文する  
 

平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241







関連書籍・新刊


仏敵
伊藤康善


後生の一大事
(増補新版)
 
増井悟朗 


三帖和讃(上) 
増井悟朗 


三帖和讃(下) 
増井悟朗 

 
  
  

突然、皆の沈黙を破った坊さんが軽く手を挙げて、すみの方に寝ている・・・ 』
つづきはこちら

『サブタイトル〜蓮如上人の御教化〜 表題のほか、『決定のこころ』『蓮如上人の教化の根源』『五重の義と信心往生』・・・ 』 
つづきはこちら
 

『親鸞聖人の深い感動をうたった『三帖和讃』を学ぶためにこれ以上はない、最強のテキストが登場!著者の18年にわたる・・・ 』
つづきはこちら 

『大好評の上巻(「浄土和讃」「高僧和讃」)に続き、待望の下巻(正像末和讃)が、ついに完成・・・ 』
つづきはこちら 

 
    






仏教詩歌集 
伊藤康善 


悟 痰 録 
伊藤康善  


善き知識を求めて 
伊藤康善 


化生の世界 

『たいていの者ならば、ここまで進むと愛想をつかして、腹を立てて二度と来ない・・・ 』 
つづきはこちら

『一ツトセ
必定地獄と聞きながら うぬぼれ心にだまされて落つるこの機と・・・』

つづきはこちら

『戦争に電撃戦あり、長期戦ある如く、求道に頓機あり又漸機あり、・・・ 』 
つづきはこちら

『アフリカの砂漠で、千古の沈黙を守るスフィンクスは、われわれに謎の質問を・・・ 』
つづきはこちら




立ち読み・試聴ページ


親指のふし
増井悟朗


こどもの聖典

増井悟朗  


なむあみだぶつのこころ

(DVD)
増井悟朗  

じょうどへのあゆみ
(DVD)
増井悟朗  

『では、私が先に申しました、「生きた人の葬式」とは、どんなことか・・・』
つづきはこちら

『ひとりの旅人が、西に向かって歩きつづけていました。だれ一人いない広々とした・・・』
つづきはこちら

「お念仏ってなに?お葬式のためのもの?」といった、初めての方にもわかりやすく・・・ 
→★試聴ページはこちら

 増井悟朗師が自らの求道と伝道の歩みをふりかえります。悟朗師の・・・
試聴ページはこちら




念仏の雄叫び

増井悟朗 


求道の急所

華光会 編  

冥加について

増井悟朗  


仏教のめざすもの
(DVD)
増井悟朗 他



 

『信心決定病  いつか私は、信心決定病という言葉を使ったことがあります。これは・・・』
つづきはこちら

『真宗の求道の急所の一つは、「後生の一大事」とふみ出すことである・・・』
つづきはこちら

 

『いのちがあるから、眠くなったり、しんどくなったり、また元気になったりする。体だけ・・・』
つづきはこちら 

増井悟朗氏らの法話、また質疑応答を通して、浄土真宗のお話を分かりやすく・・・
つづきはこちら

 


 

 


立ち読み・試聴ページ


無碍道

増井悟朗・西光義敞


ほとけさまのプレゼント
(DVD)
増井裕子 イラスト・声
 

育ち合う人間関係

西光義敞 


わが信心わが仏道

西光義敞

『妙好人生産事業 その鈴木大拙さんが、晩年に及んで浄土真宗の妙好人・・・』
つづきはこちら
 ほとけさまのプレゼント、それはお念仏の教えです。 浄土真宗の入門編・・・
→★試聴ページはこちら
 
真宗からカウンセリングへ。カウンセリングから真宗への深い提言。特に、実践に裏付けられた・・・
つづきはこちらら
 
『決定的だったのは、在家のお婆さんが伊藤康善先生にちらっと言われたという言葉でした・・・』
つづきはこちら



仏教とカウンセリング

(入門 真宗カウンセリング2)
西光義敞 



知恩・感恩・報恩

増井 信 



凡夫が仏になる

増井 信 



師に握拳なし

増井 信 
札幌での「西光先生を囲む研修会」の記録第2集です・・・
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第二弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第三弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第四弾!
つづきはこちら



法に遇う

増井 悟朗


全徳施名の心

増井 信
増井悟朗師小冊子
つづきはこちら
増井信師小冊子
つづきはこちら




平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241



→本をネットから注文する