HOME > 本・DVDのページ > われも六字のうちにこそ住め ‐信心をたまわりて生きる‐

われも六字のうちにこそ住め ‐信心をたまわりて生きる‐


 書  名

われも六字のうちにこそ住め ‐信心をたまわりて生きる‐


 発  行  樹 心 社

 価  格  2100円(税込) (送料290円)

平日10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241


 案  内

 人間というものは、みんな一度きりの、はじめての人生を生きているのです。そういう意味では、前を歩いた先人の足跡を尋ねて、自分はどう生きるべきか、よく考えることが大切です。この『本』は、そういう先人の足跡、私たちの歩むべきまことの道を、明快に教えてくれています。ぜひ多くの人に読んでいただきたいものです。(信楽峻麿・本著帯より)
ページ数:    235ページ
商品の寸法:  19.6x 13.3 x 2.0 cm

 

 著者/編者 西光 義秀 著


(本文より)


われも六字のうちにこそ住め ‐信心をたまわりて生きる‐


プロローグ(p.7〜)

われも六字のうちにこそ住め

 お墓に納骨されるとき、四十歳前後と思われる女性が「さよなら」と小さい声でつぶやかれました。たぶん、納める遺骨はお父さまのものだったと思われます。その女性にとっては、長い間、お父さまとともに生活され、火葬してお骨となってもしばらく家の中で側におられた。いよいよ納骨されるお父さまへの思慕の情が、フッと言葉になって出てきたのでしょう。お父さまとの関係もよかった、とても心のやさしい娘さんなんでしょう。

 また、墓前に、生前愛用されていたタバコや、好物だったお酒や饅頭などを供える方たちがおられます。あたかもまだ生きているかのように振る舞われ、墓石に声をかけられる人も少なくはありません。そういう人の心の中には、まだ亡くなられた人が生きておられるのでしょう。

 死はこの世の別れです。葬儀は遺体との別れです。納骨は遺骨との別れです。次々と姿を変えてゆく姿に執着し、変わった姿との別れを悲しむのです。「恩愛はなはだたちがたく」(『高僧和讃』註釈版 五八〇ページ)というのは、時代が移り変わり社会が違っても、共通した人間の思いなのです。

 葬儀や納骨はこの世での別れの儀式です。別れることなど考えもしなかったし、別れることなどとてもできないほどの恩愛をいだいている人と、別れを決断するためにあるのです。

 しかし仏法を聞くと、念仏する者には死は別れではありません。念仏する人は、ともに阿弥陀さまの願いのなかに生きることができるのです。「さよなら」と言わなくても、いつでも念仏を通して会うことができます。亡くなった人が生前好きであったものをお供えしなくても、共に念仏をよろこびあえるのです。

 蓮如上人が、涙して別れを惜しむ念仏者の老婆に対して、次のような歌を残されたという話が残っています。

  こいしくば 南無阿弥陀仏を とのうべし われも六字の うちにこそ住め

 念仏によるつながりは、念仏してきた先祖代々、阿弥陀さまに願われてきた一切衆生とのつながりです。『阿弥陀経』のなかに、「倶会一処(くえいっしょ)」という言葉があります。ともに一つの処(=浄土)で会おう、というのです。しかし浄土に生まれることができるのは、念仏をする者です。厳しいことを言うようですが、亡くなったらすべての人が浄土に生れるのではありません。阿弥陀さまに浄土に生まれることを願われ続けているにもかかわらず、無視したり疑い続けている者は、辺地や化土(けど)に生まれることはあっても、浄土に生まれることはありません。

 



 



目 次

プロローグ(p.7〜)

第一章 南無阿弥陀仏のこころ(p.25〜)

第二章 求道の歩み(p.95〜)

第三章 称名念仏とともに生きる(p.161〜)

エピローグ(p.219〜)







→この本をネットから注文する  
 

平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241







関連書籍・新刊


仏敵
伊藤康善


後生の一大事
(増補新版)
 
増井悟朗 


三帖和讃(上) 
増井悟朗 


三帖和讃(下) 
増井悟朗 

 
  
  

突然、皆の沈黙を破った坊さんが軽く手を挙げて、すみの方に寝ている・・・ 』
つづきはこちら

『サブタイトル〜蓮如上人の御教化〜 表題のほか、『決定のこころ』『蓮如上人の教化の根源』『五重の義と信心往生』・・・ 』 
つづきはこちら
 

『親鸞聖人の深い感動をうたった『三帖和讃』を学ぶためにこれ以上はない、最強のテキストが登場!著者の18年にわたる・・・ 』
つづきはこちら 

『大好評の上巻(「浄土和讃」「高僧和讃」)に続き、待望の下巻(正像末和讃)が、ついに完成・・・ 』
つづきはこちら 

 
    






仏教詩歌集 
伊藤康善 


悟 痰 録 
伊藤康善  


善き知識を求めて 
伊藤康善 


化生の世界 

『たいていの者ならば、ここまで進むと愛想をつかして、腹を立てて二度と来ない・・・ 』 
つづきはこちら

『一ツトセ
必定地獄と聞きながら うぬぼれ心にだまされて落つるこの機と・・・』

つづきはこちら

『戦争に電撃戦あり、長期戦ある如く、求道に頓機あり又漸機あり、・・・ 』 
つづきはこちら

『アフリカの砂漠で、千古の沈黙を守るスフィンクスは、われわれに謎の質問を・・・ 』
つづきはこちら




立ち読み・試聴ページ


親指のふし
増井悟朗


こどもの聖典

増井悟朗  


なむあみだぶつのこころ

(DVD)
増井悟朗  

じょうどへのあゆみ
(DVD)
増井悟朗  

『では、私が先に申しました、「生きた人の葬式」とは、どんなことか・・・』
つづきはこちら

『ひとりの旅人が、西に向かって歩きつづけていました。だれ一人いない広々とした・・・』
つづきはこちら

「お念仏ってなに?お葬式のためのもの?」といった、初めての方にもわかりやすく・・・ 
→★試聴ページはこちら

 増井悟朗師が自らの求道と伝道の歩みをふりかえります。悟朗師の・・・
試聴ページはこちら




念仏の雄叫び

増井悟朗 


求道の急所

華光会 編  

冥加について

増井悟朗  


仏教のめざすもの
(DVD)
増井悟朗 他



 

『信心決定病  いつか私は、信心決定病という言葉を使ったことがあります。これは・・・』
つづきはこちら

『真宗の求道の急所の一つは、「後生の一大事」とふみ出すことである・・・』
つづきはこちら

 

『いのちがあるから、眠くなったり、しんどくなったり、また元気になったりする。体だけ・・・』
つづきはこちら 

増井悟朗氏らの法話、また質疑応答を通して、浄土真宗のお話を分かりやすく・・・
つづきはこちら

 


 

 


立ち読み・試聴ページ


無碍道

増井悟朗・西光義敞


ほとけさまのプレゼント
(DVD)
増井裕子 イラスト・声
 

育ち合う人間関係

西光義敞 


わが信心わが仏道

西光義敞

『妙好人生産事業 その鈴木大拙さんが、晩年に及んで浄土真宗の妙好人・・・』
つづきはこちら
 ほとけさまのプレゼント、それはお念仏の教えです。 浄土真宗の入門編・・・
→★試聴ページはこちら
 
真宗からカウンセリングへ。カウンセリングから真宗への深い提言。特に、実践に裏付けられた・・・
つづきはこちらら
 
『決定的だったのは、在家のお婆さんが伊藤康善先生にちらっと言われたという言葉でした・・・』
つづきはこちら



仏教とカウンセリング

(入門 真宗カウンセリング2)
西光義敞 



知恩・感恩・報恩

増井 信 



凡夫が仏になる

増井 信 



師に握拳なし

増井 信 
札幌での「西光先生を囲む研修会」の記録第2集です・・・
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第二弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第三弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第四弾!
つづきはこちら



法に遇う

増井 悟朗


全徳施名の心

増井 信
増井悟朗師小冊子
つづきはこちら
増井信師小冊子
つづきはこちら




平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241



→本をネットから注文する