HOME > 本・DVDのページ > 私のものさし・仏のこころ

私のものさし・仏のこころ 


 書  名

私のものさし・仏のこころ


 発  行  探 究 社

 価  格  1260円 (送料300円)

平日09:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241


 案  内

 『われも六字のうちにこそ住め』(樹心社)に引き続き、ブログ「畢竟依を帰命せよ」からの一部をまとめ収録。小タイトルがついた48の読み切りの文章で構成されています。それぞれのタイトルをみて、どこからでも読んでいただくことができます。
ページ数:   127ページ
商品の寸法:  19.6x 13.3 x 1.0 cm

 watasinomonosasi.jpg(73453 byte)

 著者/編者 西光 義秀 著


(本文より)


私のものさし・仏のこころ


自分の好き嫌いを超えて聞く

人間の心の中はとても複雑なような気がしますが、単純化してしまえば「好き」か「嫌い」かの世界に生きています。自分に気に入ったことであれば好き、自分には気にくわないことであれば嫌いということです。

「楽」は好きで「苦」は嫌い、「喜」は好きで「悲」は嫌い、自分の思い通りになれば好き、思い通りにならなければ嫌い、すばらしい人間関係によって、力をもらったり、ホッとしたり、なぐさめられたりすれば好き。

望まぬ人間関係によって傷つけられたり、不快になったり、生きる気力が萎えたりすることは嫌い。

 さらに、自分の心をなぐさめ、慈しんでくれる仏法、あるいは自分の都合の悪いところに触れない仏法ならそんなに抵抗はありませんし、好きという分類に入ります。一方、私のほんとうの心のあり様をズバリと指摘する仏法は嫌いです。逃げたくなりますし、認めたくはありません。

 私たちの生活は、自分のありのままの心にまかせてしまうことで、「好き」と「嫌い」を無意識のうちに巧みに使い分けてしまっています。しかし仏法のうえからすれば、そのように使い分けることにほとんど意味がありませんし、むしろ迷いを繰り返し、苦しみを深めてゆくばかりです。

 阿弥陀さまは、自分では見たくないような私のほんとうの心、自分では気づくこともできない、決して他人には見られたくない気づかれたくない私のおろかな心の底を見抜いたからこそ、衆生救済、凡夫往生の願いを立てずにはおれなかったのです。

 自分の心をなぐさめ、この世に生を受けたことが幸せであったと感じてほしい。そんな阿弥陀さまの願いを聞かせてもらうための出発点は、みにくい自分の心を知ることです。(以下、略)



目 次

わが心に驚く(p9〜64)

阿弥陀様のこころを聞く(p69〜)

あとがき(p127)







→この本をネットから注文する  
 

平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241







関連書籍・新刊


仏敵
伊藤康善


後生の一大事
(増補新版)
 
増井悟朗 


三帖和讃(上) 
増井悟朗 


三帖和讃(下) 
増井悟朗 

 
  
  

突然、皆の沈黙を破った坊さんが軽く手を挙げて、すみの方に寝ている・・・ 』
つづきはこちら

『サブタイトル〜蓮如上人の御教化〜 表題のほか、『決定のこころ』『蓮如上人の教化の根源』『五重の義と信心往生』・・・ 』 
つづきはこちら
 

『親鸞聖人の深い感動をうたった『三帖和讃』を学ぶためにこれ以上はない、最強のテキストが登場!著者の18年にわたる・・・ 』
つづきはこちら 

『大好評の上巻(「浄土和讃」「高僧和讃」)に続き、待望の下巻(正像末和讃)が、ついに完成・・・ 』
つづきはこちら 

 
    






仏教詩歌集 
伊藤康善 


悟 痰 録 
伊藤康善  


善き知識を求めて 
伊藤康善 


化生の世界 

『たいていの者ならば、ここまで進むと愛想をつかして、腹を立てて二度と来ない・・・ 』 
つづきはこちら

『一ツトセ
必定地獄と聞きながら うぬぼれ心にだまされて落つるこの機と・・・』

つづきはこちら

『戦争に電撃戦あり、長期戦ある如く、求道に頓機あり又漸機あり、・・・ 』 
つづきはこちら

『アフリカの砂漠で、千古の沈黙を守るスフィンクスは、われわれに謎の質問を・・・ 』
つづきはこちら




立ち読み・試聴ページ


親指のふし
増井悟朗


こどもの聖典

増井悟朗  


なむあみだぶつのこころ

(DVD)
増井悟朗  

じょうどへのあゆみ
(DVD)
増井悟朗  

『では、私が先に申しました、「生きた人の葬式」とは、どんなことか・・・』
つづきはこちら

『ひとりの旅人が、西に向かって歩きつづけていました。だれ一人いない広々とした・・・』
つづきはこちら

「お念仏ってなに?お葬式のためのもの?」といった、初めての方にもわかりやすく・・・ 
→★試聴ページはこちら

 増井悟朗師が自らの求道と伝道の歩みをふりかえります。悟朗師の・・・
試聴ページはこちら




念仏の雄叫び

増井悟朗 


求道の急所

華光会 編  

冥加について

増井悟朗  


仏教のめざすもの
(DVD)
増井悟朗 他



 

『信心決定病  いつか私は、信心決定病という言葉を使ったことがあります。これは・・・』
つづきはこちら

『真宗の求道の急所の一つは、「後生の一大事」とふみ出すことである・・・』
つづきはこちら

 

『いのちがあるから、眠くなったり、しんどくなったり、また元気になったりする。体だけ・・・』
つづきはこちら 

増井悟朗氏らの法話、また質疑応答を通して、浄土真宗のお話を分かりやすく・・・
つづきはこちら

 


 

 


立ち読み・試聴ページ


無碍道

増井悟朗・西光義敞


ほとけさまのプレゼント
(DVD)
増井裕子 イラスト・声
 

育ち合う人間関係

西光義敞 


わが信心わが仏道

西光義敞

『妙好人生産事業 その鈴木大拙さんが、晩年に及んで浄土真宗の妙好人・・・』
つづきはこちら
 ほとけさまのプレゼント、それはお念仏の教えです。 浄土真宗の入門編・・・
→★試聴ページはこちら
 
真宗からカウンセリングへ。カウンセリングから真宗への深い提言。特に、実践に裏付けられた・・・
つづきはこちらら
 
『決定的だったのは、在家のお婆さんが伊藤康善先生にちらっと言われたという言葉でした・・・』
つづきはこちら



仏教とカウンセリング

(入門 真宗カウンセリング2)
西光義敞 



知恩・感恩・報恩

増井 信 



凡夫が仏になる

増井 信 



師に握拳なし

増井 信 
札幌での「西光先生を囲む研修会」の記録第2集です・・・
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第二弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第三弾!
つづきはこちら

 
増井信師小冊子第四弾!
つづきはこちら



法に遇う

増井 悟朗


全徳施名の心

増井 信
増井悟朗師小冊子
つづきはこちら
増井信師小冊子
つづきはこちら




平日の10:30〜18:00はお電話でもご注文いただけます→華光会事務局:075−691−5241



→本をネットから注文する